環境方針

基本理念

北海道三菱自動車販売株式会社は、自動車の販売・整備及び関連する事業活動を通じて、地球環境の保全が重要課題であることを認識し、次の方針を定めて自主的に環境保全活動に取り組みます。

基本方針

  1. 環境マネジメントシステムの運用と改善
    地球環境の保全活動を推進するため、環境目的を定め、効果的な環境マネジメントシステムを運用し、継続的な改善を図ります。
  2. 環境に関する法令・規則や三菱自動車の環境指針を遵守し、環境保全レベルの向上を図ります。
  3. 環境への負荷を低減するため、以下の項目を重点に取り組みます。
    (1)エネルギーの効率的利用
       ・電力使用量の削減
       ・ガソリン使用量の削減
       ・灯油使用量の削減
    (2)資源の効率的利用
       ・水使用量の削減
    (3)廃棄物の排出抑制と適正処理
       ・産業廃棄物排出量の削減
       ・一般廃棄物排出量の削減
    (4)温室効果ガスの排出抑制
       ・二酸化炭素排出量の削減
    (5)環境配慮車両の普及
       ・EV(電気自動車)及びPHEV(プラグインハイブリット車)
    (6)エコ整備・エコドライブの推進
       ・排出ガス低減
  4. この環境方針は、全社員に周知すると共に、社外にも公表いたします。
2016年4月1日
北海道三菱自動車販売株式会社
代表取締役社長 長田 昭夫

環境活動レポート

  • 環境方針
  • 事業活動の概要
  • 環境目標
  • 2015年度環境活動計画
  • 環境活動の取組結果と評価
  • 環境関連法規の違反、訴訟等の有無

PDF
活動期間: 2015年4月〜2016年3月
PDF 2.7MB
ページの先頭へ
Copyright © 2016 HOKKAIDO MITSUBISHI MOTOR SALES Co,.LTD. All rights reserved.