海外サービスキャラバン参加レポート

海外サービスキャラバンとは

毎年、アジア、ASEAN、アフリカ、中南米など新興国のサービス技術向上を目的に全国の優秀な整備士を1~2週間程度現地に派遣する制度です。

必須条件
三菱自動車サービス技能資格制度2級サービスエンジニア(M2級)以上保持者の現役エンジニア ※()内は資格記号を示す 区分:M5~M1級
環境の異なる地域でも積極的にコミュニケーションが取れる方(※通訳同行)
故障診断を行い作業指示が出来る方

《海外サービスキャラバン参加 派遣国:ブラジル》

日 時: 2017年 9月9日~9月26日 計19日
場 所: ブラジル サンパウロとリオデジャネイロの2店舗(1週間ずつ)
参加者: 小林 準  豊平店サービス工場
サービスエンジニア 北海道科学大学短期大学部卒(旧北海道自動車短期大学)
三菱自動車が設ける技能資格の最高峰1級サービスエンジニアの整備士資格「M1級」取得者
キャラバンPh

日本からキャラバン派遣に来ていることでイベントを行い、「点検」や「故障修理入庫車の故障診断」方法などのデモンストレーションを実施して、より正確で安心安全かつ効率の良い整備と作業の必要性、そして技術を伝えてきました。

キャラバンPh

日本のように車検制度がなく路面状況も決して良いとはいえないため、故障車は多いそうですが、ブラジルの人にとって三菱車は高級輸入車扱いのため、3、4年で新車に乗り換える富裕層が多く、エンジンなどの基幹部品故障はほとんどないようです。

キャラバンPh

高級ブランドのショッピングモールに展示されている三菱車

キャラバンPh

滞在期間の2週間、地球の裏側で触れた自動車整備の現場は日本と全く異なる環境でした。

小林コメント

「世界を広げたい、せっかくなら一番、遠いところへ(ブラジル)。やはり作業のきめ細かさや工具の使い方について日本のレベルの高さを感じました。
設備は日本以上に充実していたが、治安の関係で防弾ガラスを搭載したクルマが多く、実際に打ち込まれたクルマが入庫した。その半面、印象的だったのは現地の人が誇りを持って三菱車を整備しているということ。その姿を見て日本のメカニックであることに誇りを持てました。」

(充実感に満ちた様子の小林でした。)

採用 MENU


企業概要

北海道三菱自動車販売株式会社について

採用情報・募集要項

現在、募集中の内容や説明会の実施状況はこちらから

VOICES: 先輩の声

ミツビシで働く先輩社員が語る、仕事・環境・プライベート

奨学金制度

北海道三菱は自動車整備士を目指す皆さんを応援します!

採用Q&A

採用に関するギモン・質問にお応えします。※随時更新中

担当者へメール

採用に関するお問い合わせはこちらから(担当:人事課 佐野)



採用MENU

ページの先頭へ
Copyright © 2016 HOKKAIDO MITSUBISHI MOTOR SALES Co,.LTD. All rights reserved.