サービス技術コンテスト出場レポート

三菱自動車サービス技術コンテストとは

サービススタッフの技術力とお客様への応対力向上、またサービススタッフレベル全体の底上げを目的とし、地区大会を勝ち抜いた選りすぐりのサービスアドバイザー及びサービスエンジニアが、全国の頂点を目指し競い合う2年に1度のコンテストです。

大会概要


①競技内容

・アドバイザー お客様応対競技(15分)
お客様の受付応対の場面を想定した接客スキルを競う
・エンジニア 中堅 故障診断競技(30分)
故障修理を想定した故障探求の正確性と時間を競う
・エンジニア 新人 指示整備作業競技(30分)
点検作業等を想定し指示作業内容の正確性と時間を競う

※エンジニア(新人・中堅)共に低圧電気特別教育修了者


②全国大会出場枠

・チーム部門 優勝1チーム(3名)
・個人部門 アドバイザー    優勝チームを除く最上位(1名)
エンジニア 中堅  優勝チームを除く最上位(1名)
エンジニア 新人  優勝チームを除く最上位(1名)

※競技は全種目個人競技となります。チーム枠は全種目出場の販売会社にて、全種目の合計点で競い、優勝チームが全国大会出場となります。

コンテストPh
実技競技車両「アウトランダーPHEV」

《サービス技術コンテスト 北海道地区大会開催》

日 時: 2017年 11月8日(水)
場 所: 当社 発寒店
参加者: 長尾 勝彦 選手  北野店  サービスアドバイザー
高原 義人 選手  里塚店  サービスアドバイザー
川口 茂  選手  東 店  サービスエンジニア
長岡 健一 選手  厚別通店 サービスエンジニア
社内大会を勝ち抜いた4名が出場しました。
コンテストPh

道内特約販売会社各社からサービスアドバイザーおよびサービスエンジニア総勢26名が集まり、日々磨き上げたサービス技術力と顧客応対力を競うサービス技術コンテスト北海道地区大会が開催されました。

コンテストPh

会場は当社発寒店のショールーム内で「お客様応対競技」、工場内6ストールを使用して「故障診断・指示整備作業競技」を実施。
競技会場内は多くの応援者や関係者で溢れ、緊張感漂う気迫ある雰囲気の中、競技は進められました。

【お客様応対競技(15分)】

お客様の受付応対の場面を想定した接客スキルを競う

コンテストPh

▲お客様のご用命事項について、丁寧に切実な応対をする長尾選手

コンテストPh

▲お客様の車両情報を確認。作業内容について詳しく説明する高原選手

【故障診断競技(30分)】

故障修理を想定した故障探求の正確性と時間を競う

コンテストPh

▲制限時間内に正規の診断手順により車両不具合箇所を探し出す川口選手
 (競技車両「アウトランダーPHEV」)

【指示整備作業競技(30分)】

点検作業等を想定し指示作業内容の正確性と時間を競う

コンテストPh

▲真剣な眼差しで点検項目等を確認する長岡選手
 (競技車両「アウトランダーPHEV」)

【サービス技術コンテスト 北海道地区大会 表彰式】


コンテストPh

《サービス技術コンテスト 全国大会出場選手》

北海道代表 個人部門
  ・アドバイザー    高原 義人 選手  里塚店
・エンジニア 中堅  川口 茂  選手  東 店
・エンジニア 新人  長岡 健一 選手  厚別通店

当社からは、個人部門で3名が全国大会への出場権を獲得しました。おめでとうございます。
2018年2月9日(金)東京都大田区産業プラザで開催される全国大会での雄姿とさらなる飛躍を期待しております。

コンテストPh

(左から高原選手、川口選手、長岡選手)

採用 MENU


企業概要

北海道三菱自動車販売株式会社について

採用情報・募集要項

現在、募集中の内容や説明会の実施状況はこちらから

VOICES: 先輩の声

ミツビシで働く先輩社員が語る、仕事・環境・プライベート

奨学金制度

北海道三菱は自動車整備士を目指す皆さんを応援します!

採用Q&A

採用に関するギモン・質問にお応えします。※随時更新中

新卒採用スケジュール

エントリーから入社までのスケジュールはこちらから

担当者へメール

採用に関するお問い合わせはこちらから(担当:人事課 佐野)



採用MENU

ページの先頭へ
Copyright © 2016 HOKKAIDO MITSUBISHI MOTOR SALES Co,.LTD. All rights reserved.