店舗のご案内

小樽店blog


夏旅!!PHEV編・第二話「電動讃歌」

2017.06.25

~前回のあらすじ~
タルマンは石坂&坂野両スタッフとともに旅に出た。
アウトランダーPHEVは電気で、人間二名はおにぎりでそれぞれ充電を済ませ、石狩の街を走行していた。

我らが小樽には美しく雄大な海があります。
石狩にも海がありますが、海のように広い石狩川もあります。
石狩川にかかる大きな橋を渡って、一行は厚田地区に入っていきます。
景色の綺麗なところを走っていると、いよいよ旅に出ているなという感じがしてきますね。
厚田地区といえば、夕日の美しさが有名です。
とはいえ時刻は11時半。夕日を拝むには時間が早すぎます。
一行は「夕日が見えるカフェ」に立ち寄ってコーヒーブレイク。
アーリーアメリカン調の建物やナチュラル系の内装はとってもおしゃれで、女性にもおすすめのお店でした。
アウトランダーPHEVも、人間工学に基づいた座っても疲れないシートや静かな車内空間、運転しやすい安全装備などが充実していて、女性の旅にも大・おすすめです。

更に更にオロロンラインを北へ進み浜益地区へ。

海に向かって流れ落ちる「白銀(しらかね)の滝」
暑寒別連邦の山肌を伝い流れるこの滝は、冬になると凍り付いて巨大な標柱へと姿を変えるんだとか。
清涼な姿、水の音、しぶきにドライブ疲れを癒されたタルマンと二人。
白銀の滝が注ぐ雄冬岬は釣りのスポットとしても知られており、海で少し休憩を…と思いきや、マムシ注意の看板が。
毒蛇と遭遇して旅が打ち切りになることを恐れた一行、早々に車に乗り込んで更に北へ向かって進んでいきます。

ここまで実質電気の力だけで難なく走れています。
大きな車体で乗員はゆったり、電気の力で地球に優しい、エコでラグジュアリーな旅はまだ始まったばかりです。

 /|_________ _ _
〈  To BE CONTINUED…//// |
 \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

アクセスマップ

ページの先頭へ
Copyright © 2016 HOKKAIDO MITSUBISHI MOTOR SALES Co,.LTD. All rights reserved.